体に痛みがある時って眠れないですよね。打撲でも痛むしインフルエンザやリウマチのような病気でも関節痛が出ます。病気の場合は内服薬で痛み止めが処方されますが、打撲やねんざではシップなども一緒に出される事があります。病院で診察を受けてシップをもらった場合は、冷シップか温シップかは医師が判断しますので、薬局でもらうだけですが、病院に行かなかった場合は自分で選ぶ事になります。打撲やねんざには冷シップか温シップか。温シップは慢性的な痛みには良いですが、急性期の炎症が激しい時には使ってはいけません。シップを使うなら冷シップの炎症を抑える成分が入っているものを選んでください。シップではなくても患部を冷やして下さいね。でも薬局でシップを見てみると、種類は多いし、冷シップにも温シップにもW消炎効果!などと書いてあって、お年寄りなどにはわかりにくいと思いました。打った時は、消炎効果があると書いてあっても、じんわり温かくなると書いてあるものは、使わないでくださいね。

関連ページ