住宅ローンの審査は厳しい?通りやすい銀行ってある?

これから住宅ローンの審査が通りやすい銀行などでを組む予定のある方に、ボーナス払いを視野に入れる前に注意して頂きたい事があります。

思いがけずお金が手に入った時にまとめて返せたら、月々の返済額は減るので負担が大きく減ることになります。

けれども、「ボーナスでない!」という会社も近年多くなり毎年金額が大きく左右する可能性も考えられます。

それもあり実際に賞与などを返済に充てているという方は、予想外に全体の40%程度しかいないのです。

それでもまとめて返済をしたいという方は、便利な繰上げ返済を利用してみると良いですね。

マイホームの為に思い切って住宅ローンを申込みしたけど、大手企業でなくても審査に落ちた人は少なくないのが現状です。

その理由として考えられる原因はいくつかあります。

貴方の年収が400万円以下だと厳しいかもしれません。

他にも勤続年数が3年未満の方や、健康状態も判断されます。

過去に一回でも支払いが出来なかった方は、たとえ住宅ローン審査通りやすい信用金庫などであったとしても、仮審査に通っても本審査は難しい場合が多いです。

全て確認して条件を満たしているという方は、今一度カード会社に記録を確認するなど徹底しましょう。

スムーズに審査に通るためにも事前の準備と下調べが必要です。

自分の家を購入したい!と考えた時役立つものとして住宅ローンがあります。

申し込みは、銀行や信用金庫などから申請も出来ますが自宅購入の際は、たいてい不動産屋に任せる人がほとんどだと思いますので不動産屋と提携しているとか、審査通りやすいという口コミの良い金融機関に申請しても良いでしょう。

返済期間はそれぞれですが最長35年まで借り入れする事が可能です。

とはいえ、年齢によっては35年を選べない場合もあります。

多くの場合、40歳以上を過ぎる申し込みに関しては難しくなるというか落ちたというケースもあるようです。

自宅購入の資金は、現金一括が一番この様な事は、まず無いに等しいでしょう。

一般的には、審査通りやすいといわれる住宅ローンを申し込むという方法の借金をする事が多いです。

周りでローンを組んでいる人の、何が一番大変か?という話を聞くとやはり、毎月のローン返済の事を言う方が多いです。

住宅ローンは長期にわたって返済をし続けなければいけません。

その間、変動金利にしている場合は世の中の金利事情も気にしなければいけません。

人生は突然アクシデントが起こるものです。

けがや病気をしてしまうしれません。

ですので、リスクも考えつつマイホームの購入を考えてください。

住宅ローンを組むとなると、高価な買い物になるので少しでも金利を抑えたいという方が殆どだと思います。

そんな訳で、少しでも手数料が安い安心できる知っていると得するお勧めの、住宅ローン審査通りやすい銀行をご案内します。

お得な特典がある『イオン銀行住宅ローン』がとても人気です。

他のどこよりも金利が安く人気を集めていて、更に、イオンにてショッピングしたときの得な特典として5%割引になるような特典があります。

また繰り上げ返済時の手数料も無料なのも、人気の秘訣です。

他にも銀行毎に特徴があるのでしっかり調べておきましょう。

住宅ローン審査通りやすい銀行でローンを組めたので新築を購入したばかり!という夫婦が離婚するという方未払い分の返済の責任は誰にいくのでしょうか。

特に未成年の子供がいる家庭の場合、ローンだけでなく養育費や慰謝料といった別のお金も発生する場合があります。

第一に支払いの義務は誰にあり契約内容がどうなっているか確認しこれから先、後悔しない選択をしていく必要があります。

家を売ってお金にするという方法もありますが、判定してもらった金額がローンより安ければ、残りの金額を全て負担しなければなりません。

よく話し合ってお互いが後悔のない決断をしたいものですね。

長期固定金利でも低金利だし審査も通りやすいと人気の住宅ローンがフラット35です。

参照:住宅ローン審査が厳しい銀行ランキング!【審査通りやすい銀行は?】

住宅ローンを借りるために勉強している方なら1度は耳にしたこともあるはずの名前だと思います。

もっとも長いときは35年間金利が変わらないのが最大の特徴です。

このメリットにより、近年申し込みをされる方がグンと増えてきたローンですが審査基準が普通とは変わっています。

とはいえ、年収や勤続年数など安定して返済できる能力に関わってくる事はフラット35だからといって、審査基準が緩いといった事もありません。

フラット35だったらズバリ、住宅の価値が問われます。

担保として十分かどうか、という点を重視する。

という事で審査通る基準ともなります。

逆に価値がないと判断される住宅は審査が厳しい、つまり通りにくいという事になります。

住宅ローンを組む時はまず審査が必要です。

住宅ローンは最大35年という長い年月の支払いが必要ですので、審査はとても厳しく行われます。

審査結果が出るのは約1週間後です。

審査通るかどうかという結果は電話もしくは口頭で伝えられます。

たとえ審査通りやすいと評判の銀行でも万一審査に落ちたら住宅ローンは組めません。

審査に通れば、本格的な契約に移ることができます。

契約の時は、銀行側に指示された書類をすべて揃える他実印と諸費用も用意しておきます。

そして気になるのが『諸費用』!こちらは借りる額によって人それぞれなんですよね。

でも事前に銀行側から支持があるので心配いりません。

一般的には、数十万~数百万単位の金額がかかるようです。

近年、様々な特典のある住宅ローンが紹介されており今注目されている銀行がどのような住宅ローンを提供しているのか分らず、低金利の銀行や住宅ローン審査通りやすい銀行など色々あり、決めきれずにいる方が非常に多くなっています。

ただ第三者である銀行の担当者の意見を聞いてから、融資を受けるというやり方もありますが無料ではありません。

消費者である私達はこれから先も金利を払う義務があるので、有料の相談は受けたくないという方が大半なのですねFPの資格を持ちながら仲介者として働く方も多いので、専門の方に無料で相談する事も出来るのです。

まずは自分でもいくつか下調べをしてみると良いですね。

住宅ローンを組む前にまず頭金がいりますよね。

頭金無しでも住宅ローンが借りられる!と言った宣伝も目にしますが、確かに頭金0円でも購入可能でしょう。

ただし、金利が高くなって返済額が多くなり、審査も厳しいといわれます。

月々の支払いを少なくしたいのであれば、やっぱり最初に頭金を用意しておくのが審査通りやすいのでお勧めです。

頭金の支配い額は物件金額の20%と言われていますが、住宅を買うとなると他の書費用もかかりますので20%は目安として、用意できる範囲で検討すると良いでしょう。

自分の家が欲しいと考えたとき銀行・信用金庫など金融機関で申し込み可能なマイホーム購入時の融資が役立ちます。

だけど、数ある中からどこを選べば良いのか?審査通りやすいのはどこか?とても迷ってしまう。

という話もよく聞きます。

選び方の一つの方法としては、自分が行きやすい近場のところを選んだり不動産屋と提携しているところや審査が甘いようなインターネットバンキングでも受付可能です。

ただ、どこに申し込んだ場合でも審査が必ず必要で申し込みさえすれば簡単に審査くらい通るだろう。

という甘いものではない事を理解しておきましょう。

これから住宅ローンを借りたいと希望している方は、是非、注意して頂きたいポイントがいくつかあります。

最初で最後の大きな買い物になるかもしれません。

そのため利息や利子の安さだけで判断しないように!おすすめは、実質負担額がいくらになるのか?で選びましょう。

どれだけ低金利の商品であっても手続きにかかる諸費用がかさむと、つまるところ、実際返済額が増えてしまう場合があるからです。

変動金利を選ぶか固定にするかによって金額が変わるので、今だけでなく今後の将来を考えて住宅ローン審査通りやすいかどうかなど、具体的に判断しましょう。

迷ったら利用者の口コミなども参考にしてみると良いですね。

今後、両親と同居している予定のある方は、この場を借りて新しい住宅ローン審査通りやすいものについてご説明致します。

原則として、お金を借りる時には年齢に制限があるので高齢になると申請できないといった問題があります。

ところが、親子が一体となって借入れする親子リレー返済なら、ある程度年齢に制限はありますが申込み可能です。

その秘訣は、親子二人が同時にお金を返すのではなく親が先に返して残りを後継者が返していくためです。

このような理由で高齢者の方でも借入れ可能なのです。

困った時はスタッフに相談してみても良いですね。

毎月の住宅ローンの支払いをしているとまとまった現金を手に入れるチャンスもあるかと思います。

そんな時は、まず繰り上げ返済を検討してみてはいかがでしょうか。

繰り上げ返済はいつもの支払いとは別のもので、ある程度まとまった現金を返済するやり方です。

繰り上げ返済をする事により、ローンの元の金額を減らす事ができますので、返済金そのものを減らす事ができます。

借入額が減る。

という事は、月々の返済額も減る。

という事です。

審査厳しいとか通りやすいなどの特徴が銀行にあるのと同様、繰り上げ返済をする時は無料な所と手数料がかかる銀行もありますよ。

将来、自分の家を新しく建てる予定がある方、お金はいくらかかるのか、何年かけて返済していけば良いのか、明確な数字として算出する場合はシミュレーションがお勧めです。

年に何回かあるボーナス払いを利用するのかしないのか、何%の金利を利用し、返済期間をどれくらいに設定するのか、大体の住宅ローン返済金額を出せるので役立ちます。

予算を簡単に試算できるサービスが揃っており、自分の予算に合わせて比較検討してみて下さい。

但し出てきた数字は一つの基準として考えましょう。

不安な点などあれば、住宅ローン審査通りやすい銀行や条件の良い信用金庫などに直接確認しておきましょう。