無料保険相談のアンケートに答えると商品券が貰えるって本当?

豪華な景品プレゼントで相談者を募集している保険無料相談サービスをネット上で見かけます。

大半の方が、フォームから保険相談の申し込みを行えば商品がもらえると思いがちですがそれは間違いです。

基本的には数回の面談後、アンケート回答などを商品プレゼントの条件に各サービスがしています。

別の注意点として、申し込んだからといって必ずしも面談が行えるわけではありません。

特に、中小の相談サービスに申し込んだ場合は、大手サービスに比べて登録しているFPが少ないため面談の予定がなかなか決まらないことがあります。

近年、ペットの家族化、人間化というような現象が急速に進んでいます。

例としては、「ペット保険」や「ペット供養」などです。

ペット保険とは、病気や怪我の治療で動物病院に行った際の治療費を保障する保険です。

日本全国、どこの動物病院でも入院給付金や手術給付金を受け取れるほか、ガン給付金や死亡給付金などのオプションがついた保険もあります。

ただし、毎年のワクチンは適用外になりますので若いペットの場合は必要ないという考え方もあります。

気になる方は、保険無料相談サービスでも内容を紹介をしていますので相談してみましょう。

保険相談をするには来店タイプと訪問タイプとがありますが、特に後者のタイプでは担当者を選びにくくなっているので、実力に納得がいかなかったり相性が悪かったりする場合もあるようです。

押しの強いFPさんに当たってしまうと、納得できない契約をしてしまうことも考えられます。

根拠のない脅しのようなことを言いこちらの弱みに付け込むような方法をとるFPさんでは、アフターケアについても心配なので一度離れた方が良いかもしれません。

そういった失敗をしないために自分でも知識を身に着けて、家族などと一緒に面談すると良いでしょう。

人生の中でももっとも高い買い物の部類に入る「保険」。

選ぶときには、慎重にならざるを得ません。

そんなときは無料相談を上手に利用すると便利です。

大雑把に大きく分けると来店型と訪問型とがありますが、そんな中で特典がもらえるところもあったりします。

商品券をもらえるところが多く、中には現金でもらえるところもあるそうです。

額は一万円以下が多いですが、数社合わせれば一万円以上になるでしょう。

勉強になる上にプレゼントまでもらえるとしたら、こんなにお得な話はないですよね。

皆さんは自分の入っている保険の内容を全て把握していますか?少しでも不明点があれば確認しておいた方がいいです。

その際、おすすめするのが保険無料相談サービスです。

例えば、病院で手術をした時に現在の保障ではいくら支給されるかや事故による怪我のための保障など、滅多に使わないので保障内容や申請方法を忘れていることもあります。

そこで、無料相談サービスを利用して確認することにより現在の保障内容を詳しく確認しましょう。

相談した結果、ほとんど同じ内容なのに月額を低く抑えることができたという話も聞きます。

よくCMなどで聞く保険無料相談、あの人たちってどうやって収入を得ているの?その答えは、FPが紹介した保険に相談者が契約した際の手数料です。

このシステムは相談者にとっては、様々なメリットがあります。

例を挙げると相談者が加入した時に初めて収入が発生するということは、加入してくれなければFPはボランティア状態で赤字状態になるため、保険紹介の質、紹介する保険の質を高めなければなりません。

そのため、保険自体が相談者の希望に合致していて、紹介者のスキルが高くなり、説明がわかりやすいなど良い面ばかりです。

なので、現状のままの方が最良なら別の保険を勧めたりもありません。

皆さんも保険についてわからないことがあれば気楽に相談してみましょう。

保険無料相談を行っている会社について、比較検討するため情報をピックアップしているサイトがあります。

比較検討をする際のポイントは、FPさんとの面談が叶うまでのステップの容易さ、取り扱いが可能な商品の豊富さ、なんといっても重要なのはFPさんについての評判です。

人生においても高い買い物と言われているもののことですから、複数の会社で面談をしてみることで結果を比較検討し、「この人なら信頼できる」と思えるような人とこれからのことを決めていくのが良いと思います。

保険無料相談の利用で商品券をプレゼント!というキャンペーンを全く見なくなりました。

調べてみると、2017年4月に金融庁の出した指針によって相談特典で高額な商品券やギフト券がもらえるというプロモーションは禁止になったからです。

金融庁の指導の具体的な文言としては換金性の高い商品の提供の禁止です。

逆に言うと「換金性の低い商品なら問題ない」とも解釈できるので一部の相談サービスでは商品券から「換金性の低い特定の商品をプレゼントする」と言う形で募集をしている状況に変わっています。

そのため、商品券をプレゼントする販促方法はなくなってしまいました。

保険についての見直しに料金がかからないだけでなく、あわせて商品券などプレゼントがもらえる場合があります。

手に入れるには何をすれば良いかというと、実際に面談をすれば良いだけだったり、アンケートに答えたりする必要があります。

一万円に満たないほどの金額ではありますが複数の会社で面談をしたら合わせて数万円にもなるかもしれません。

注意しなければならないのは、プレゼントの方が目的ではないので、ついでにもらえたら嬉しい贈り物と捉えて貴重な時間をしっかりと有効に使いましょう。

保険の見直しというとざっくり2種類ある訪問タイプにしろ来店タイプにしろ直接面談するのが普通かと思いますが、実は電話での話し合いが可能な会社もあるのだそうです。

仕組みとしましては、フリーダイヤルやネットから電話をかけてもらう時間の予約をし、そのあとは予約時間を待つだけで良いわけです。

お金は1円も必要ないそうです。

これなら本当に良い提案のときだけ話を聞いていれば良いので、直接顔を合わせるよりも話しやすい人も多いかもしれませんね。

営利企業なのになぜか無料で続けられているサービスがあります。

無料でも続けられているのはどこかにカラクリがあるはずです。

一例を挙げさせてもらうと、保険無料相談サービスの場合では相談サービスを行っている企業の主な収益は各保険会社からの契約手数料となっています。

つまり、FPに相談をして提案された保険を契約することによって保険会社から手数料がサービス会社へ渡されます。

相談者に契約してもらわないとお金は発生しないので、相談者に対して無理な保障を案内することはほとんどないと思っていいはずです。

相談・今の保障内容の確認自体は無料なので、活用してみてください。

時折見かける、「保険無料相談で牛肉プレゼント」なぜ相談者特典で景品を付け始めたのでしょうか。

実は少し前はFPにお金を払って相談するのが主流でした。

しかし、時代が変わるとともに有料で保険相談をしてもらう時代が終わり無料で相談ができる企業がたくさん増えました。

保険は家の次に高い買い物と言われ、保険会社としては自社の保険を是非とも契約して欲しいと考えています。

そこで無料で相談できる場所が増えたことで獲得しにくくなった金融庁から相談者特典で商品券を渡してはいけないという指針を策定しました。

保険見直しをしてもらいたいという考えから始まりました。

インターネット上には、数ある保険無料相談会社についてさまざまなクチコミが見られます。

ということはつまりたくさんの人が興味や関心を持っていて、それについて専門家に話してみたいと思っているということなのでしょう。

さらに面談そのものについて知りたい気持ちもあると思います。

中でもFPさんがこちらへ来て面談をする際の評判が気になりますが、大切なのはやはりFPさんの知識の深さや提案力、そしてこちらの理想や希望を聞く姿勢でしょう。

気になった会社を調べる際には、FPさんの質について重点的にチェックしてみると良いと思います。

車の買取や引っ越しなど様々な場面で見積もりを取りますよね。

見積もりを取った後は業者から電話がかかってきます。

値段交渉をしたりするのが好きな人は楽しいと言いますが若者を中心に最近では、電話が苦手という人も多い印象を持っています。

保険無料相談サービスの場合は、強制的な勧誘で文句を言われるなど評判の悪いFPと提携解消を行うサービスもあるほど勧誘トラブルへの対策が考えられています。

また、もし強制的な勧誘を行うFPが担当になった場合はサービス側で用意しているストップコールというシステムを利用し、電話一本で勧誘の停止や担当FPをチェンジすることも可能です。

ネットなどで少し調べるだけでも、保険相談を無料でしてくれる会社はすぐに見つかります。

中にはより多くの顧客獲得を狙ってキャンペーンを実施している場合もあります。

その中身はどういったものなのでしょうか。

現金がもらえるものもあるそうですが、主に商品券のようです。

どのくらいの金額がもらえるのかというと、2000円から7000円ほどといったところでしょうか。

数社と面談をして提案されたプランを比べることもあるでしょうし、このような会社を選ぶことによって面倒なことも嬉しいことに変わるかもしれません。

参考:無料保険相談騙される?怖いし不安!【無知な素人が行っても大丈夫?】

月の収支がギリギリ、でも貯金はしたい!と思ったときに毎月の支出をどうやって節約しましょうか。

一番削りやすいのが食費ですがお子さんのいる家庭の場合ではできればそのままにしたいですよね。

次に思いつく人が多いのは、毎月の携帯電話料金です。

ついつい課金をしてしまっているのを減らしたり格安SIMに切り替えをするという方法です。

それでも家計がギリギリなら保険料の見直しをしてはどうでしょう。

CMなどでよく見る保険無料相談サービスを利用した人のブログによると現在の保障内容を将来の希望など様々な角度から見て提案してくれたそうです。

そのブログ主の担当者さんは親切丁寧で信頼できたそうなので皆さんも信頼できる担当者を見つけて相談しましょう。

家族も増えて将来のことを見据えて保険の加入を検討している方、相談をするならサービスを選びましょう。

近所の駅前にあるからという選択もいいのですが黒毛和牛肉など景品をプレゼントしているサービスもあるんです。

流れとしては、各相談サービスのHPにある予約フォームから相談日を決めて、保険無料相談後にアンケートへ回答するともらえるそうです。

でも、無料で商品プレゼントを行っているサービスって強制的・強引な勧誘をしていそうという気持ちもわかります。

FP紹介サービスでは、評判をとにかく気にしているので評判の悪いFPは契約を打ち切るサービスもあるなど対策をしています。

保険のプロと0円で見直しができるだけでなく、そのうえ商品券までもらえるなんてお得ですよね。

どうすれば手に入れられるのかというと、会って話し合いをするだけであったり、アンケートに答えたりする必要があります。

金額的に多いのは数千円ほどのところですが数社からもらうことができたらかなりのお小遣いになるでしょう。

注意しなければならないのは、プレゼントの方が目的ではないので、嬉しいおまけくらいにとらえておいて貴重な時間をしっかりと有効に使いましょう。

人生で2番目に高い買い物を知っていますか?そう、保険です。

そう考えると、やはり慎重に選びたいですよね。

不安なら、無料でできる相談会社を利用してみてはいかがでしょう。

店舗を構えていたり、FPさんが来てくれたりとさまざまですが、中には面談をすると何かをもらえるところもあります。

商品券をもらえるところが多く、中には現金でもらえるところもあるそうです。

数千円ほどのところが多いようですが、数社からもらえたら一万円以上にはなると思います。

勉強になる上にプレゼントまでもらえるとしたら、話がうますぎるくらいです。

保険相談ができる会社はたくさんあるのでどこが一番良いのか決めかねることもあるかと思います。

選ぶならこういうところが良いのでは?という見極めに大切な点を少し調べてみました。

一番知っておきたいのは、どれだけ能力の高いFPさんがいるかです。

それから現実に万が一トラブルになった場合に会社でサポートをしてくれるようなところを選ぶようにしましょう。

そのほかにより多くの商品の取り扱いをしていれば提案の幅が広がりますので良いと思います。

契約後どんなフォローがあるかという点も調べておきましょう。

最近いろいろなところで目にする、耳にする保険無料相談サービスですが、本当に無料なの?という疑問を持ってしまいます。

なぜ無料で営業できているのかをご説明いたします。

その答えは、相談者から料金を取らず各保険会社からの契約手数料をメインの収益として成り立っているからです。

つまり、相談サービス会社からすると、案内した保険に乗り換えてもらうことで収益が入ることになります。

そのため、お客様目線で相談に乗ってくれるサービスが多く「相談に行ったら今より高い保険を勧められそう」といった心配事はほぼ起きないと思って良さそうです。

世間に多々ある保険無料相談会社ですが、それらをそれぞれの観点から情報を集めているサイトが多々あります。

よくポイントとして挙げられるのが、実際にFPさんと会えるまでの流れの簡単さや、どれだけの商品について提案できるか、そしてなんといってもFPさんの質や評判でしょう。

人生で2番目に高い買い物と言われているものですので、一社だけでなくいくつかの会社と面談をするなどして、「この人なら信頼できる」と思えるような人と最終的に先のことを決めていくのが良いでしょう。

インターネットでさっと検索をすれば、保険相談を無料でしてくれる会社はすぐに見つかります。

その激戦に勝つために、キャンペーンを行っている会社もあります。

気になったので内容を調べてみますと、主に商品券やギフト券、また現金などをもらえるというものでした。

もらえる金額はどれほどのものになるかというと、数千円ほどのところが多いようです。

大切な話なので数社に面談をお願いすることもあるでしょうし、選ぶ際にこういった会社を見つけられれば、諸々のわずらわしさも気にならないかもしれません。

保険の無料相談を請け負っている会社の中でも、テレビでCMを流したり全国に店舗があったりして有名なのが「ほけんの窓口」だと思います。

来店型の中でも世間の認知度が高い会社なので、ネット上の体験談や口コミも豊富にあるのが良いですね。

まず最初に保険についての勉強をするところから始まり、不安な点や疑問にも的確に答えをくれるそうなので比較的満足度は高いようなのです。

さらには扱う商品数も多めだそうなので、さまざまなプランを比較できると思います。

無料で保険の相談を請け負ってくれる会社は、少なくとも10社以上は知られている名前があるでしょう。

それだけたくさんある中でおすすめできると思うのは、FPさんの質が高いと会社です。

面談をいくつかの会社にお願いしたという人によると、それぞれ同じことについて意見を聞いたとしても、提案されるものが違うことが多いようです。

いざ契約となれば、FPさんとの付き合いは長くなります。

意見や要望、不安などを親身に聞いてくれるだけでなく、想像以上のプランをたててくれるような人と出会える会社にお願いしましょう。

保険の専門家に相談をする人がどれほどいるかご存知でしょうか。

実績を見てみるとなんと一社だけで年間十万人以上の人が訪れているとのことです。

それは人々の関心が高いことの表れでもあり、また仕組みをきっちり理解するにはプロの話を聞く必要があるということの表れかもしれません。

それぞれの会社の評判を調べてみると、長年の実績があるほけんの窓口や保険マンモスなどの話が多くあります。

それらの会社はFPさんの質に絶対の自信を持っているうえに、面談できるまでの手軽さが大きな魅力のようです。

Tポイントやポイントサイトで現金などと交換できるポイントが保険無料相談での利用で付与されるキャンペーンがあります。

付与されるポイントが大きいサービスはあまり有名ではないのが多く実際にポイントが付与されるかわからないですよね。

このキャンペーンの多くの場合では数回の面談を実施し、アンケートに答えるとプレゼントというパターンが多いです。

そのため、サービス側は最初の面談等で契約の見込みがないと見られたらその後の面談予定がなかなか合わないなどポイント付与の条件に満たないようにすることがあります。

そのため、ポイント目的の申し込みはやめましょう。

評判の良し悪しを気にする職業と聞いて、どんな職業を思いつきますか?一般的に思いつくのは、政治家や芸能関係だと思います。

実は保険無料相談サービスを行なっているFPもとても気にしているんです。

なぜかというと、無料相談サービスでは相談者が提案された保険を契約したときに保険会社から報酬が発生するからです。

強引な勧誘をしているとSNSなどで悪評が拡散されてしまうからです。

そのため、サービス側も登録しているFPの質を挙げたいので、電話1本などでFPの変更ができるようにしたり対策をしています。

保険は人生の中で家の次に高い買い物と言われているので、信頼できる担当者からしっかりと説明を受けてから決めましょう。

保険無料相談サービスに申し込んでみたけれどなかなか面談できないという人がいるそうです中小のサービス会社の場合、登録してるFPの数が大手サービスに比べて圧倒的に少ないためです。

そもそも無料で相談を可能なのは相談者がFPに保険相談をした人が保険に契約をしてくれるからです。

そのため、契約の可能性が低いと判断された案件はサービス側が後回しにしてしまうことがあるという仕組みになっています。

急いで相談をしてもらいたい場合は、キャンペーンを諦めてFPの登録者数の多い大手のサービス会社に申し込むか、街中の保険ショップの利用をお考えください。

2017年4月に発表された金融庁からの指針により保険無料相談後に相談者特典として高額な商品券をプレゼントするのは禁止になりました。

「換金性の高い商品の提供の禁止」という金融庁の策定した指針から各サービスでは、商品券から「換金性の低い特定の商品」へ変更しています。

また、3000円程度の商品券のプレゼントキャンペーンを謳っているサービスがありますが、これは明確なルール・法令違反なのですぐに淘汰されていくでしょう。

もし、保険の相談を考えているのならば、キャンペーン目的ではなくサービスを提供している会社の評判などを調べてから選びましょう。

予約なしですぐに相談をしたいなら近所の保険ショップに直接行く選択肢もあります。