ソーシャルに関する映画って?

映画「ソーシャル・ネットワーク」をご存知ですか!?この映画では、SNSであるfacebookを取り巻く内容になっています。
醍醐味として、またストーリー展開としては、たった20歳そこそこの大学院が作った「facebook」と言うサイトが徐々に注目を集めていきます。
そして、世界中にまで注目されるようになります。
最後には、大富豪になっていくと言う所にあると思います。
(笑顔)そこでこの映画を観る時に知っておいて欲しい言葉があります。
それが「ベンチャー」です。
そして、投資をベンチャーキャピタルから受けながら一部上場、M&Aを目指しながら成功を抑えていくと言うことになります。
(笑顔)ここで聞き慣れない「ベンチャーキャピタル」と言う言葉が出ましたが、知っていますか。
これは、まだ未発展の小さな会社に株式の一部を貰ってお金を投資すると言うことになります。
そして、その会社が上場したら貰った株式も値が付いているのでハイリターンを得る会社のことを指します。
見込みがある会社の株がまだ安い時に買ってから、高くなったら売ると言うビジネスと言うことになりますね。
ベンチャー側にとっては多額のお金が入ります。
ですから色々な事にチャレンジできますよね。
(笑顔)※但し、株式を握られてしまうのでベンチャーキャピタルに会社を乗っ取られてしまうこともあるようですね。
(汗)映画の中でもベンチャーキャピタルについての話も出てきます。
ですから、覚えておくと良いですね。
(笑顔)