住宅ローンの金利と諸費用は?

憧れのマイホームの購入を検討されている方は多いと思います。
購入する為にはまず住宅ローンを組まなくてはいけません。
住宅ローンはネットバンク・銀行・信用金庫などの金融機関から申し込みが出来ます。
住信SBIネット銀行の住宅ローンには金利・審査・諸費用が必須です。
審査時間はだいたい1週間前後のことが多い様です。
ローン金利の決定は契約完了の月の物が採用されます。
諸費用は、数百万単位が一般的で借入金額によって上下します。
住宅を購入を考えても、実際自分の物になるまでこれらの用を済ませて行かないといけません。
一般的には3〜4カ月かけて契約が完了します。
住信SBIネット銀行の住宅ローンの中には、フラット35という名前のローンがあります。
フラット35とは、民間の金融機関と住宅金融支援機構によって提供されるローンの事で、フラット35は、35年間、毎月の支払額が変わらないというのが最大のメリットです。
このメリットにより、近年申し込みをされる方がグンと増えてきたローンですが審査が少し変わっています。
フラット35のローン審査は、一般的な物と少し目の付けどころが違います。
フラット35だからといって、審査内容が甘い。
といった事もありません。
一般的な住宅ローンと一緒です。
貸付する住宅が、将来価値が上がるか、下がるか。
これにより、一般的なローンは落ちてしまったが、フラット35なら審査が通った。
という方も多いです。
住宅ローンを組む際に気になるのが金利です。
ローンの金利には大きく分けて固定金利・変動金利があります。
あくまでも金利を選ぶのはローンを組む人自身で、銀行側からはオススメなど一切何も言われません。
基本的に金利が高いのは固定金利、低いのは変動金利です。
また、金利のタイプによって審査が違ってくる。
と言った事などはなく、公平な立場で審査が行われます。
どっちの金利が良いかわからなくなった時は、その銀行の金利の推移などをチェックすると良いでしょう。
住宅を購入する時に必要な費用、それが頭金です。
頭金無しでも住宅が購入できる!と言った宣伝も目にしますが、確かにそれでも購入は可能でしょう。
その代わり、月々の返済額は膨らみます。
返済を少しでも少なくしたいのであれば、やっぱり最初に頭金を少しでも支払うのがお勧めです。
頭金の支配い額は物件金額の20%と言われていますが、住宅を買うとなると他の費用もかかりますので目安は20%と言う事で、自分の支払える範囲でやっていくと良いでしょう。

ARUHIのフラット35の口コミはどう?