白髪染めヘアカラーが染まるしくみは?

ヘアカラーの白髪染めは二つの液に分かれていることが多いでしょう。
最近では自分で混ぜなくても二つの液が同時に噴出してブラシ上で混ざるようになっているものもありますが、ヘアカラーの白髪染めは、基本的には二つの液に分かれています。
最初から混ぜておいてくれれば良いと考える人もいると思いますが、二つに分ける事に意味があるのです。
というのも、ヘアカラーの白髪染めは化学反応が起こる事によって出来るからなのです。
二つの液に分かれていますが、これを第1液と第2液と呼ぶことにします。
第1液には酸化染料とアルカリ剤が入っています。
酸化染料とは酸化される事によって発色するものです。
ですから、第1液の色と実際に染まる色とは異なります。
アルカリ剤はキューティクルを開くという働きがあります。
第2液には過酸化水素が配合されています。
この過酸化水素は酸化剤と呼ばれるものです。
ブリーチにも含まれる成分で、脱色の働きがあるのです。
第1液と第2液を混ぜ合わせると、第2液に含まれる過酸化水素の酸化作用によって酸化染料が参加され、そして発色をします。
それと共に第1液に含まれているアルカリ剤が髪にあるキューティクルを開きます。
これによって、発色した酸化染料がキューティクルの内部にまで浸透し、髪の内部まで染めるのです。
第2液に含まれる過酸化水素には脱色の働きもあります。
明るいブラウンに染める事のできるヘアカラーもあると思いますが、これは一旦脱色してから酸化染料で染めているからなのです。